新規成分「NFD」 New element "NFD"

生命の可能性を広げる新規成分「NFD」

「NFD」は、特定地域に生育する樹齢30年以上のタベブイア・アベラネダエ(Tabebuia avellanedae Lor.ex.Gris)の内部樹皮(靭皮部)から検出された、キノン系植物色素であるナフトキノンの一種です。

タヒボジャパン社と京都大学を中心とする研究陣は、このキノンの一種であるナフトキノン類の中から新たな新規化合物を発見し、化学構造を解明することに成功いたしました。そして、タヒボジャパン社長の畠中平八と研究者らによって、化学名称(化学構造式の正式名称)の要部をとり「NFD」と命名されました。

この新規成分「NFD」は、人が健康を維持する上で優れた働きを持つ有用成分であることがわかっています。

  NFDの化学構造式

特許取得 Patent acquisition

「NFD」は4カ国で物質特許を取得しています。

天然樹木茶「タヒボNFD」は、有用成分「NFD」の含有が科学的に確認されており、もはやアマゾンの神秘のお茶ではありません。

タヒボジャパン社では「NFD」に関する様々な研究に尽力した結果、成分としての物質特許を日本・米国・中国・台湾の4ヶ国で取得しました。

「NFD」については現在も研究機関による研究が続けられており、様々な可能性を秘めた有用成分として大いに期待されています。


日本物質特許
第2669762号


米国物質特許
第5663197号

中国物質特許
第93116259.9号

  台湾物質特許
  第092054号
 
特許成分「NFD」が含まれているのは、タヒボジャパン社の「タヒボNFD」だけです。

 Copyright(C) 2004 SK INTERNATIONAL CO.,LTD. ALL Rights Reserved

Welcome to Our Company